日本語教師の資格を取るコツ|あなたの天職に

婦人

英語で広がる人生の選択

言語

海外への留学を考えている場合は、まず東京で英会話スクールに入学しましょう。こうしたスクールの中には留学の手配を進めてくれる場所も存在しています。英会話スクールに入学する際は良い講師に学べる場所を選ぶことが大切です。

Read More..

英会話上達のために

CD

聞き流すだけで英会話ができるようになる教材として最も知名度が高いのがスピードラーニングと言えるでしょう。スピードラーニングを使った上達法は、繰り返し聞き続け、時間をかけて努力することが大切だと言えるでしょう。

Read More..

日本語を教えるのに必要

男性

外国での日本への関心が高まり日本語教師の需要が増えているため、日本語教育能力検定の合格を目指す人も増えています。日本語学校で教師として働きたい場合、日本語教育能力検定に合格しているかどうかで大きな差がありますので、日本語教師として働きたい場合には合格を目指すことが大切です。

Read More..

主婦でも働きやすい専門職

教師

420時間講座の費用など

日本語教師になるために420時間養成講座に通うのが一般的なルートです。期間は半年から1年で費用は50万円〜60万円かかります。特に最近は東南アジアからの留学生が増えており日本語教師の需要は高まっています。時給は約1500円〜1800円が相場です。実際に授業をする以外でも、授業の準備時間、最展示館、事務処理などをする必要があります。4時間の授業に対し、3〜4時間の準備をする先生もいます。日本語学校に経営の余裕のあるところは、日本語教師の給与が上がるのを期待することができます。加えて、専門職としてプライドが持てる仕事であり、子育てしながら仕事ができるというメリットもあります。お金よりやりがいを重視する人も多いようです。日本語教師の資格は特に必要ありませんが、日本語教育能力検定試験を目指す人が多いです。この資格試験は年1回毎年10月に行われています。資格試験会場は東京、大阪など主要都市で行われます。資格を持っていればある程度の水準があると見なされます。国内の日本語学校の他、海外でも就職することも可能です。

子育て中でも働きやすい

日本語教師とは外国人に日本語を教える教師のことです。日本語教師になるには、日本語を客観的に使う能力を持っていること、偏見を持たずに異文化に対応できること、日本の文化を良く知っていることなどが脂質として求められます。日本語教師になるには大学で日本語教育を専攻するか副専攻する、日本語教師養成学校で420時間履修するなどが採用基準となっています。多くの人は420時間履修で学んでいます。外国人観光客も増え、アニメの影響もあって、日本語を学びたい若者は増えており日本語教師の需要は高まっています。この仕事を目指す主婦も増えています。子供が幼稚園や小学校に通っている間の時間を使って学校に通う人も多いです。日本語教師はパート採用も多く、子供がいる女性でも働きやすい仕事です。