日本語を教えるのに必要|日本語教師の資格を取るコツ|あなたの天職に

日本語教師の資格を取るコツ|あなたの天職に

様々な国の言葉

日本語を教えるのに必要

男性

需要が高まる資格の一つ

日本を訪れる外国人の数が増えているように、海外では日本に対する関心が高まっています。また、日本で働きたいということで日本を訪れる人も増えています。そこで需要が高まっているのが外国人に対して日本語を教える日本語教師です。外国では日本語学校も増えており、日本語教師の求人も増えています。そんな日本語教師として働く際に便利な資格として人気となっているのが日本語教育能力検定です。日本国内で仕事を探している外国人を対象にした日本語学校を始めとし、外国にある日本語学校や大学などでも日本語を教える機会が増えています。また、自然と外国人と触れ合う機会も増えるので人に教えるのが好きだという人の間で日本語教育能力検定の合格を目指す人が増えているのです。

働く際に有利に

外国人に日本語を教えることが出来る日本語教育能力検定ですが、働く際に必ず必要になるかというとそういうわけではありません。日本語がわかれば基本的には誰でも日本語を教えることが出来るので、日本人であれば誰でも日本語教師として働くことは可能です。しかし、個人で教えるのならともかく日本語学校などで教師として働く際には資格を持っている方が有利に働きます。日本語学校の中には求人募集の際に、日本語教育能力検定に合格しているかどうかが条件になっていることもあるのです。外国人に日本語を教える教師として働くことを目指しているのであれば、働き口にも大きな差が出てしまいますので、まずは日本語教育能力検定の合格を目指すことが大切です。